転々と

昨日、実家のマンションから荷物が届き、下田に完全移籍が完了した。一年以上見なかった自分のものがとても懐かしく感じられた。これで、実家は完全消滅した。

引っ越し。何回しただろうか?
先ず生まれて半年足らずで、出生地の島根県江津市を離れて、小学4年生まで京都市内で暮らした。
そして、市内から、京都府の城陽市に移ったのが、本格的な引っ越しだったように思う。
京都の片田舎に移り、その地で「オイルショック」も味わった。

何回も書いているが、両親の不和で、母の郷里であり、私の出生地でもある島根県に中学1年生で移った。
半年ばかり、寒村で暮らし、両親がまた結ばれて、今度は滋賀県の草津市に居を構えることになった。
ここと別に京都の太秦が引っ越し先の候補にあがっていたけど、心機一転、わが家族は琵琶湖のほとりを選んだ。

大学受験に2度失敗し、1984年に大学に合格、東京の三鷹市で下宿生活することになった。
毎朝、土曜日も、日曜日も電車に乗り、都心を目指したものである。

大学卒業後、水泳のコーチをするために、横浜の市が尾で生活を始めた。
この地で、人妻と出会ったのですよ、ほんまに、よーやりますわ・・・・。

それで、懲りたのか、実家のある草津に引っ越すことになった。
都落ちと、言われたこともある。
だが、やりたかった学究の道へと進んだ。

そして、ようやく、1996年6月に、イタリアへの遊学となる。
イタリアのペルージアには3年半、じっと一か所に住み続けた。

1999年12月には1か月半東京で、通訳の仕事で、銀座のホテルで投宿し、ようやく実家の草津市に戻ることとなった。

2004年には、酒造会社に就職して、鹿児島県の喜界島で生活した。
病気が再発して、実家と喜界島を行ったり来たりしたが、結局、また実家に戻った。

そして、2013年11月から下田の焼き鳥「松尾」さんの上、3階に居を構えて現在に至る。

常々、性格上、腰の重い人だと、自分のことをイメージしていたが、案外、今まで彷徨っていたのだな、と感じる。

幸運なことに、家主さんには恵まれ、引っ越しが楽しかったことだけは確かである。

今度は、しばらくバーチャル引っ越し、バーチャル旅になりそうである。

これから、どれだけ旅ができるだろう?
ワクワクしてくる。

「わたしをどこかに連れてって」。スキーではないよ・・・・・くれぐれも、未知の地へ・・・・・。
f0192635_1914493.jpg

「毒蛇は急がない」

Bayarati!

野人

[PR]
by yajingayuku | 2014-11-10 19:02 | 木陰のランプ