土埃とビール

「喉が痛い!」

頭を上に向けると、抜けるような青空が、杉の大木の間から見える。地面には、大量の土埃、花粉、枯葉枯れ枝である。少しでもその辺を歩き回ろうとすれば、たちまちのうちに煙霧のように地面が埃で沸き立つ。

カリフォルニア州、ヨセミテ国立公園。サマーキャンプで二日間宿泊した。
メタセコイアの大木のトンネルを抜け、大自然の圧巻な光景に感動して、否応なしにキャンプ生活に期待が高まる。
シェラネバダ山脈の剥き出しの山肌を、岩場から眺め、世界最大級の滝の流れを眺めていると、この国の持つ巨大なエネルギーを感じてやまない。
流れる小川は、雪解け水で、真夏であっても、脳天に響くほど冷たい。

先輩二人と土埃の海の中に建つコテージに宿泊した。
中に入りものの5分もしないうちに、咳、くしゃみ、鼻水が酷くなった。鼻の中が埃で黒くなり、喉が極端に乾燥しているように感じられ、水分を補給しても何の効果もなかった。

宿泊が許可されている地域に、食事できる施設があり、そこでバイキングを食べる。
夜になっても喉の不快感は収まらない。
公園の宿泊地域の中にはシャトルバスが運行していて、こういうバスのシステムもこの時初めて目に見るものだった。

二階建てバスの二階は青天井で、埃っぽい大木の海の中をバスが抜けてゆくと、木々の間を通って涼しい風が顔に吹き付ける。
前に座っている、ヒッピーだという熊のように大柄なアメリカ人青年が、バドワイザーをすすめてくるので一本もらった。

「まだあるぜ」

気前よくビールをすすめてくる。よく見ると、ビールのケースがリュックに3段重ねしてくくりつけてあった。
ヒッピーでもこんなものはちゃんと確保しているのものなのかよくわからなかったが、豪快な旅をしているようであった。
ビールを飲んで喉は少し癒された。
ビールで酩酊したのはこの時が初めてである。

乾燥した大地に住む人々には、それにあった発想や生活の工夫というのがある。
湿潤な土地から来た人間は当然そこには適応しにくい。
もし、気候や風土が人間の思考や感情に大きく影響しているとすれば、私は乾燥した大地の思想や生活感情が理解できないでいたのかもしれない。永遠に乾燥した合衆国の人間が深いところでわからないかもしれないと思ったものである。

ビール、水。乾燥した大地に湿潤な大地から来た人間は、水分のありがたさを痛感する。
人間潤いが大切である・・・・精神的にも肉体的にも・・・・・。

喉を通るビールの潤いは、この青年の気持ちだった。
潤いは人の気持ちを満たしてくれる。

木立から、月が光を落している。
風、月、大木、そしてビール。笑い声とエンジン音が森の中をこだましていた・・・・ひと夏の思い出。
f0192635_5543986.jpg

「毒蛇は急がない」

Bayartai!

野人

[PR]
by yajingayuku | 2014-10-31 05:54 | 木陰のランプ