人気ブログランキング |

「狂」

黒い車体の「ヴェスパ」にまたがって、われら憩いの喫茶「つぼや」に現れたのは、エルメス君30歳。
東京は目黒からはるばる下田にやってきたのだが、何と彼はここのピザトーストを食べるだけに来たというのである。日本語は流暢であり、非常に人懐っこい大男である。イタリア人を両親に持ち、車のエンジン設計デザインをしている。30歳なんだ、もっと若い趣向があるかと思ったら、キャピキャピの女の子より一緒にドライブできて自分を理解してくれるひとがいいとこれまた手堅く、趣味も大型の水槽に珊瑚とハリセンボンを入れて眺めているという。あまりにその水槽が重いために部屋のそこに穴があいたそうであるが、何かにつけこのひとはとことんやるひとだと直感的に感じる。まぁ~、「ヴェスパ」でコーヒーを飲みにここまで来るのだから、そこからしてかわっとるのだが・・・。

われらの仲間は、「狂」ぞろいである。
オーディオマニアである元板前、アジアを中心に活動していた元フォトジャーナリスト、ガーデニングをしつつ新たな経営形態を模索する起業家、コーヒーと写真・カメラにことのほか「狂」である喫茶店経営者、あのひと、このひと。

そんな中に、エルメス君が来たものだから、盛り上がらないはずはないのである。
1回の邂逅でこれだけ溶け込めるのは、エルメス君、君はすごいよ。
祭りのときにまた会いましょう。

開高健が何度も言っているが、男には危険が必要だ、これが男の魅力と探求の動機である。
普通は、避けるところをあえてやる。成否にかかわらず・・・。

これは外から見ると、「狂」である。
「狂風」とつながるかもしれない。

まぁ、おじさんたちは、語るのである。よしなしごとを。そしてささやかながらの刺激をもらうのである。
男は、かようにか弱い生き物なのです・・・。
f0192635_20452555.jpg

「毒蛇は急がない」

Bayartai!

野人

by yajingayuku | 2014-08-05 20:46 | 木陰のランプ