包まれる

京都の嵯峨野に竹林がある。
背の高い竹林の中を石畳の遊歩道が通っていて、夏の折には涼しい風が吹き渡る。
枝と枝、笹の葉と笹の葉が擦れ合って、これが一つの流れるような風の音になる。
太陽がどんなに照り付けても、この竹林の遊歩道は少し光のトーンはダウンしている。
淡い光の中で風の音がサラサラと流れている。

音と緑のシャワーを浴びた経験はイタリアでもあった。
フィレンツェからバスに乗って、「シェーラザード」の第2楽章の穏やかな音色がよく似合う、トスカーナの草原の中を行く。

ヴォルテッラ。

古代エトルスキという民族が暮らしていた、草原の中の丘の上にある町である。
町のはずれには、古代ローマ時代の劇場があったり、600基以上の小型の納骨容器が収蔵されている有名な考古学博物館がある。

1泊した翌朝、バスに乗り、ピサへ向かう。
なだらかなジグザグの山道を下りてゆくと、一瞬物陰に入ったようになる。
そのうちバスが、森の中を走っていることに気付く。
バスの車窓から天を仰ぐと、チカチカと柔らかなフラッシュライトのような木漏れ日が点滅し、その後に淡く黒い斑点の影が過ぎ去る。
外から視線を車中に戻すと、窓際の席には、一面の影と光の乱舞があった。
その束の間の美しさは忘れがたいもので、はっとなり、これは宇宙ではないかと看取された。

光の乱舞を浴びた経験と音のシャワーの経験はどこかつながりがあるように思う。

大学生1年生の頃、所属したオーケストラでコントラバスをやっていたのだけれども、まだ1年もたたないというのに舞台の上に立つことになった。
ワーグナーの「ニュールンベルクのマイスタージンガー」序曲。
ついてゆくだけでヘトヘトになり、音程も何もあったもんじゃなくて、未消化で曲を終える。
バス椅子から腰を上げて、楽器を支えもち、正面を向く。
鳴っている。拍手が束になって正面からやってくる。
音のシャワーとはこの拍手の塊である。
一人ではなく多数の人が同じことを同時にする迫力がここにはあった。
それが賞賛の行為としてあるとなると、これを浴びた人間の中にある種の感動がわいてきても自然なことのように思われる。

緑と影と光、そして拍手の音。
ボードレールがいみじくも「万物照応」という言葉を言っていたことを思い出す。

私は宇宙を経験したことがあるのである。
f0192635_15361039.jpg

「毒蛇は急がない」

Bayartai!

野人

[PR]
# by yajingayuku | 2014-10-09 15:36 | 木陰のランプ

眼鏡

「あっ!」

目に衝撃を受けて、その場に倒れこんだ。息苦しい。

小学校の下校途中で、友達と石投げ合戦をやった時、投げられた石がたまたま私の右目に命中したのだった。
閉じた目の前は仄明るくなっていて、ゆっくり目を開けると、右目が見えない。

「おー!」と言って手で右目を覆った。頭がボーっとして歩くのが難儀だ。
帰宅すると、直ぐに濡れたタオルで目を冷やした。そのままの状態で駅前の眼科に飛び込んだ。

「冷やすのはよくないです」

冷やすと血管の流れが悪くなり、血が固まる恐れがあった。直ぐに看護師さんは私の目を保温器で温めるように言った。
幸い、黒眼に傷はなく、失明はしなかったが、帰宅すると、気分が悪くなり嘔吐してしまった。
病院に電話で症状を伝えると、脳震盪だというので、正常な反応だということだった。

それからである。視力はがた落ち。中学の入学の際に眼鏡をかける羽目になってしまった。
私の眼鏡の経歴は、突然の事故で急に付け加えられたものだ。

今では眼鏡が体の一部となってる。

コンタクトを試したことがある。眼鏡のない生活に憧れていたが、1年ぐらいして、手入れが面倒でやめてしまった。

糖尿病の母が、常日頃から、目が見えなくなるのは嫌だと言っているが、その心はよくわかる。
感覚器官が損傷するというのは不自由なこと極まりない。
かのスティビー・ワンダーは目が悪いが、臭覚もないという。ベートーヴェンのような人である。

二日酔いの混乱した中、朝に、ふとこのような話が書きたくなった。
f0192635_15355682.jpg

「毒蛇は急がない」

Bayartai!

野人

[PR]
# by yajingayuku | 2014-10-08 15:37 | 木陰のランプ

モノクロ

真理があるとしても人にはわからないものなのかもしれない。
人が自分の後姿を他人のようにじっくりと見ることはできない。
そのように、想像できても、手に取るようにわかるものではないのである。

真理とは人の後姿にあるのかもしれない。

何故少しセンチにこんなことを語りだしかというと、部屋を整理していて見つかった昔の写真を発見、まじまじと自分の過去を思い出したからである。

われわれ昭和30年代生まれの人間は、写真がまだ白黒の時も知っているし、カラーになったはじめも知っている。モノクロとカラーの時代のはざまで生まれたようなものだ。

よくよく見ると、モノクロ写真のほうが、カラーよりも当時を想像できて面白い。
薄いストライプの半そでシャツを着ていても、何色かわからないが、色を想像する楽しみがモノクロにはあるし、夏の時期の、白色と鼠色のツーストライプ柄でも十分涼しさの説得力を持っている。

如何せん、カラーのものは、時間とともに褪色して、味があるとしてもどこか変に感じる。
モノクロはそういう面で想像力が必要な種類のものである。
ありのまま、とは如何なることか考えさせられる。

さて、昭和30年代の風景は、記憶を刺激する。
街路灯は傘のついたついたむき出しの電球だった。夜はこれで通りが照らされると、子供ながら物寂しさがよく理解できた。闇がまだ生き物のように、真っ黒であったころだ。
セルバンテスの言葉を借りれば、「オオカミの口の中のように暗い」のであった。

当時の流行りものを発見することもできる。
ダッコちゃんを腕に巻いているのを見て、「今でもあるのだろうか」と疑問符が浮かび、微笑してしまう。

それでは、私の幼い時の、決めポーズをご紹介しましょう。
f0192635_15421577.jpg

「シェー!!!」

「毒蛇は急がない」

Bayartai!

野人

[PR]
# by yajingayuku | 2014-10-07 15:42 | 木陰のランプ

地面人

高いところが駄目である。
何歳になってもこれを克服できないでいる。

横浜の関内のプールでコーチをしていた頃、近くに観覧車ができたというので、仕事上がりに行くことにした。
嫌がる私を乗せた観覧車は、ゆっくりと上昇してゆく。

「暗くて物が見えないから怖くないよ」と同僚に言われ、恐る恐る下を覗き込んだが、「ここは高いところだ」という先入観が支配していたので、闇夜は逆に恐ろしさを増していた。

こんなもんなので、酒造りの現場は怖くてならなかった。それは、焼酎を保存するタンクのことである。
直径が2メートル近くで、高さは3メートル近くある。タンクの下には排水管の口がついていて、上に蓋のあるやつとないやつがある。焼酎のもろみを醸成するタンクは蓋がなく、タンクの周りに足場が組まれている。この足場が歩くと揺れる。それだけでも足がガクガクするのだが、これを洗うときにはしごを使って中に入らねばならない。滑りそうになることは多々あり、たった自分の身長の高さでさえ恐る恐る行動していた。
ここはまだいい方で、蓋のある孤立式タンク、焼酎貯蔵タンクの上には乗りたくなかった。足場はなく、上部の少し丸くなった部分が水で濡れていたりすると、足がすくんでしまう。案の定、内部の洗浄である。暗く狭く、滑りやすく・・・・。なんたることか・・・・・呆れかえってくる、自分を。

そんなへっぴり腰の私をしり目に同期の若者は、このタンクの上を器用に素早く動き回っていた。その姿を見ているだけでも怖くなってくる。
仕事が終わって、彼にいろいろ聞いたら、この仕事をする前はダムの補修の仕事をしていたそうである。高いところが得意なわけである。

産まれてこの方、建物では、東京タワーか横浜のランドマークタワー、山では近江の伊吹山が一番高い場所に上ったところである。
それが、高校2年生の時、はじめてジャンボジェット機に乗ることになってしまった。
離陸した瞬間の顔は他人に見せられないほど歪んでいたと思う。
飛行機がサンフランシスコ上空を通過していた時、金門橋が見られるというので覗くと、これまた人の姿さえ見えるはずもなく、頭の中が混乱し、地面に吸い込まれる感覚を味わった。

浮遊感。この感覚は大好きなのだけれど、地面と距離ができるともう駄目である。
どうやら、空を飛べない鳥、「地面人」なのでしょう。
悪いことは言いません。バンジージャンプなんて駄目ですよ・・・・・想像しちゃうじゃないですか・・・・・・何なに、ダイエットにいいって・・・・・・くわばらくわばら・・・・・・。
f0192635_17301327.jpg

「毒蛇は急がない」

Bayartai!

野人

[PR]
# by yajingayuku | 2014-10-06 17:30 | 木陰のランプ

汽車

「遠望視の時間です。遠くの景色を眺めましょう」

小学校の昼の休み時間に流れる校内放送が子だもたちを窓際に向かわせる。

「ボッー!!!」

「あっ、汽車だ!!!」

遠望視の時の定時には、森の彼方から煙をモクモク上げて、汽車が通過する。
林と林の隙間から汽車の車体が見えるのだが、我々のいた教室からその車体が見えるのと汽笛のタイミングが絶妙に重なった。学校に行くと、この光景が毎日あった。
京都と奈良を結ぶローカル線、奈良線では私が小学生・中学生の時にまだ汽車が走っていたのである。

中学1年生の頃、買い物に行くのに汽車を使った。炭のにおいが立ち込めるのはいいものだ。思い出すことさえできる、臭いを・・・・。
速度が遅いが、その分窓の外の景色は飽きさせなかった。
窓を開けていると、前方の席だと、この臭いがきつくなる。
ある時、窓の外に顔を出して風に当たっていると、目が痛くなった。あまりにも痛いので、眼科に行くと、眼球に金属片が張り付いているといわれ、取り除いてもらった。

両親の不和で、一時期、母の郷里島根県浜田市の寒村に帰っていた頃。
実家のすぐ近くに山陰線が走り、定時に汽車が通過した。
通っていた校庭の横を汽車が走るものだから、懐かしさのあまり、よく授業などほったらかしにして、眺めていたものだ。

父と母が和解し、滋賀に移り住むこととなり、その村とも別れる日が来た。
近くの駅から、汽車に乗る。
何とも言えぬ、悲しみがこみ上げてくる。
ふと、ここらが中学だったな、と眺めていると、線路脇に友達の顔が見えるではないか!!!
このときの感情は魂にきた。心が震えた。
涙が・・・・・・。

汽車のイメージは、私の場合、もの悲しいものだ。
あのすべての光景が私の中に生きている。
1970年代の思い出とともに・・・・・・。
f0192635_17412738.jpg

「毒蛇は急がない」

Bayartai!

野人

[PR]
# by yajingayuku | 2014-10-05 17:40 | 木陰のランプ

集める

大学院生修士課程に在籍していた頃、夏の間、指導教授がイタリアに出かけたために、家の管理を任された。京都北白川にある邸宅は、大きな家ではなかったが、物がおびただしくあったお宅であった。
2階に書斎があり、貴重な文献が一室を占拠していた。コピーは自由にしてよかったので、大学と邸宅を一日で往復すること数回、毎日繰り返すにつれコピーの山ができた。

書斎の隣の部屋は、教授の趣味の骨董品で6畳間に入れないほどの量の品物で埋まっている。紐でくくられた桐の箱についている札には、うん万円、うん十万円と記されていた。
初めは先生も別荘を持とうと思っていたが、管理しきれないからと、趣味の骨董収集になったらしい。
ということは、別荘1軒分の品物があるということになる・・・・・・。

その夏は、アメリカのオレゴンから中国社会史の研究者夫妻が邸宅に滞在することになっていた。
夫妻は体躯のいい姿で、奥さまはドイツ生まれだとのことであった。
ある晩、夫妻が夕食に出かけられたので、私は久々にラザニアを作ることにした。ここにはアメリカ製の立派なオーブンがあったものだから料ってみたくなった。
大きなパスタ生地だったので入れるものがない。仕方なく、押し入れの絵付けの大きな平皿でラザニアを焼くことにした。
出来栄えは上々、味も申し分ない。いい感じだ。

イタリアから先生ご夫妻が帰宅され、奥さまが出来合いのもので料られて、料理が例の平皿に盛られて出てきた。

「これは、伊万里焼の絵付けで、こんな風に使ってるけど、いい値段するのよ」

私は肝が冷えあがった。皿は熱で割れる恐れがあったから、これを聞いて最悪のことを想像してしまったのである。
他人のものを勝手に扱ってはいけないことを心底悟らされたのである。

この先生のように骨董品収集をされている方は多いが、フクロウのオブジェ・品物を収集する女性もいた。家中、フクロウだらけだそうである。

故吉村渓君は昔、指揮棒を収集し、ワインのコルクで自作さえしていたことがある。

母は、いつか使うことがあるからと、ボタンを集めていた。マンションに転居するときに、これらを整理してその数の多さに呆れたことがあった。

あなたは何か夢中になれるコレクションというものがありますか?
身銭を切って、コツコツと蓄えるコレクション、自分が死んだらどうなるのだろうということも頭をかすめるのでは?
そう思うと、コレクションも宝石にもただの石ころにもなります。
「何でも探偵団」の手を借りずに、コレクションの行く末も考えてやってください・・・・。ほしい人もきっといますよ・・・・・狙っている人さえ・・・・・・こわっ・・・・・・。
f0192635_15591426.jpg

「毒蛇は急がない」

Bayartai!

野人

[PR]
# by yajingayuku | 2014-10-04 15:59 | 木陰のランプ

水話(みずばな)

夕方、ひどい雨になった。
窓から見る通りは川のようになり、いろんなものが流れてゆく。

「うわ~、こんなところまで」

伯母の声で1階の土間を見ると、もう少しで畳敷きの居間に水が浸水しそうであった。台所の土間を見ると、瓶ビールのケースがビールを入れたまま浮いて玄関口に行こうとしている。

京都市内に住んでいた時の幼少期の思い出の中で、このウナギの寝床のような京町家の作りは、この洪水のことと深く結びついた記憶となって脳裏にとどまっている。

「ほな、戦艦でも走らすか?」

と伯父が1メートルはあるプラモデルの戦艦大和のモーターを回転させ、狭いウナギの寝床で走らせる。
われら子供たちは大はしゃぎ。こんな機会はめったにない。一層のこと、表の川になった道路でやってほしい・・・・と願ったのであった。

水の怖さ、というよりも非日常の水辺の光景に酔いしれることはままあることだ。
母方の郷里の島根県浜田市の寒村で夏場によく海水浴をした。
浜辺ではなく、漁船が舫っている港の深場で泳いでいた時のことである。
深みから陸にあがるときに足を踏み外し、溺れたしまった。
体が海中に沈んでゆくときに、ふと海面を見上げると、キラキラ、チロチロと光の乱舞が心地よくかじられた。息苦しくもなく、ただ静寂の中で消えてゆくような自分を感じた。
まわりは大慌てで海中から私を救い上げた。
ほんの少しの間に見た神秘であった。

水の美しさも、その質によってははなはだ煩わしいことにもなる。
イタリアの水質の悪さを行く前から聞かされていたが、水道水を飲んでも体には何のダメージもなかった。ただ、洗髪の際に、シャンプーの泡が立たず、髪の毛がべとつくことがあり、これには悩まされた。
サンゴ礁が隆起してできた喜界島では、イタリアと同じように、いやそれ以上に、その石灰分によってシャンプーは泡立たなかった。飛び散る水道水の乾いた後は白い模様となるぐらいであった。
水道水の生水は一度煮沸せねばならなかった。
普段気にならない水道水でこれ程気をもんだことはなかった。

私の根底にある、景観・心象のイメージには必ず「水」があります。
これからも、「水」をイメージして生きてゆきたい・・・・・。
f0192635_19243689.jpg

「毒蛇は急がない」

Bayartai!

野人

[PR]
# by yajingayuku | 2014-10-03 19:24 | 木陰のランプ

「蛇力」

蛇、と聞いただけでのけぞる友達がいた。
苦手な生き物というのは人それぞれあるようだ。
私は蜘蛛がだめである。
何故嫌いになるかは、母が教えてくれたことがある。人が生まれ落ちたとき、最初の産湯で体を洗う際、そばを通るものこそが嫌いになるものだという。してみれば、私は、蜘蛛に見守られながらこの世に生を受けたことになる。

マンションに転居する数か月前に、一軒家の家の玄関から、蛇が入ってくるということが3度続いたことがある。その蛇を川に逃がしたところ、一匹は泳いで岸まで行き、2匹は溺れて死んでしまった。私の精神的な病と父の死は、この二匹の呪いではないかとまじめに考えたりしたものである。

蛇は、古来より、カラスとともに邪視をもつ。それだけ霊力があるとされている。
イタリアのポンペイの壁画には、ヴェスヴィオ火山が噴火する場面に地面を這う蛇が描きこまれている。ある学者は地震のシンボルであるという。
日本ではナマズだけれども・・・・。

蛇はまた、救急車や病院のシンボルとして有名であるが、これはギリシアの医師、アスクレピオスの使い、死と再生のシンボルとして採用されているからである。
蛇の脱皮は、再生の証とされ、蛇の絵柄はアスクレピオスの杖に巻き付いている姿でシンボル化されている。

蛇が医学と結びついている一方で、性とも結びついている。
「蛇淫の性」という言葉をお聞きになったことがあるだろう。小柳ルミ子が主演で白蛇の映画があった。性的不全に陥った夫の上にのり妻が励むが、彼女は満足できない。そんなあるときひとりの僧侶に恋する。ここで不倫を結ぶ。後の物語はヴァリエーションが昔からあるように、女性が魔性であり、蛇の化身であり、僧侶と戦うというものである。
いずれにしろ、女―蛇―魔性―死と結びつくモティーフがある。

蛇のオスの性器は、矢じりのようになっていて、釣り針でいう「カエリ」がある。オスは一端、メスの女性器にこれを入れると、簡単には抜けない仕組みになっている。蛇の性交は古来より雄雌のとぐろを巻く姿のイメージがある。抜いても抜けず悶絶するオス蛇。ここより、メス蛇はオスの精を吸い尽くす存在として恐れられた。古人は自然をよく観察しているのである。

蛇の飲食についてはまたの機会にしましょう。
「蛇女」という梅図先生のマンガか何かにあったように、オドロオドロシイイメージですね女と蛇は・・・・。
そんなイメージから、女には魔性の「蛇力」があるようです。「猫性」とともに、「蛇力」も女性にはあるのでしょうか?男の被害妄想でしょうか?
f0192635_18253115.jpg

「毒蛇は急がない」(この言葉の意味は何でしょうか?・・・・・イメージした分だけすべて答えとなります)

Bayartai!

野人

[PR]
# by yajingayuku | 2014-10-02 18:24 | 木陰のランプ

森の精、キノコ

「これ、食え」

ビニールの袋には、何やらキノコらしきものがいっぱい入っている。大家さんが息子を連れて、山に入ったらしい。

「これは、ソテーね。それにこれはトマトソースのパスタに・・・」

奥さんのパオラは袋からキノコを取り出しつつ私に説明する。
片栗粉の溶いたような液体の付いたナメコのようなの、薄黄色のクリタケのようなの、それに松茸のような特大のポルチーニ。
秋はこれだだからたまらない。早速、キノコ料理が始まった。

丁度今頃、ペルージアではウンブリア州で採れるキノコを集めた「キノコ祭り」が催される。
「ロッカ・パオリーナ(「パオロの岩城」)」の内部の、ゴツゴツした岩肌が残り、気温が3度以下も下がったようにヒヤリとした小部屋のいくつかに、キノコが所狭しと集められて陳列されている。
どう見ても、毒のありそうなのや、美味しそうなもの、ケバケバシイものなどなど。
出入り口には売店があり、トリュフが市価の半値近くで売られていたりする。

ポルチーニ。高価なキノコ。私のような貧乏人は、これの乾燥した奴を400円ぐらいで購入し、ポルチーニご飯、チャーハン、寿司、お味噌汁にして味わうだけで、人聞きで、こいつのごろごろ入ったパスタを食べたなどと聞くと、クラッときて卒倒しそうである。

イタリアではありつけなかった高価なキノコも、何故かしら日本の松茸ではご馳走にありつけた。
水泳のコーチをしていた時に、父の友人から段ボールに詰められた松茸が送られてきた。これを少し分けてもらい、下宿先では仕事中のために受け取れないので職場に送ってもらった。
すると、荷が届いた途端、人がざわつき始めた。香りが辺りに立ち込めたいるのである。人目をはばかり受け取りに行く私の横を通り、上司の一人が、大きな声で「お前にはまだこれは早すぎる」といって何本か奪っていった。
量は少なくなった松茸だが、一人の身には充分であった。
仕事を終えて晩御飯を作るが、いつもより料るのに熱が入る。松茸ご飯をはじめ何品か作り秋を堪能できた。

キノコの形。ペルージアの考古学博物館には青銅器時代の奉納品としてブロンズのキノコが収蔵されている。太古からキノコは人と寄り添っていたようだ。

それにしても、この形状は男根と瓜二つである。その生育過程は男根の生育過程に似ている。
傘が開く姿はアレそのものである。
昔、キノコの本を翻訳して賞をとった女性がいたのだが、その人がキノコが好きらしく、それではアレもすきなのだろうか?と想像したことがある。勝手な想像だが、男性諸氏は首肯されることだろう。

キノコの香り。それぞれ違うんでしょうが、森の香りのように感じませんか?
森の精、エキスをたっぷり含んでいるような・・・・。
「アガリクス茸」というのが男性の熱い視線を受ける、精力剤になるらしいですな・・・・・本当に効くのかな・・・・・うっ、高い、値段が・・・・・・僕はエノキの佃煮で、なんとか・・・・・・。
f0192635_20363287.jpg

「毒蛇は急がない」

Bayartai!

野人

[PR]
# by yajingayuku | 2014-10-01 20:37 | 木陰のランプ

チョコ

金髪で、青い瞳に、透き通るような肌の白さをした、全裸のモデルの女性が、少し熱いであろうバスタブの中の、チョコレートの海に、片方の足を差し入れる。膝っ小僧の下まで、チョコの茶色が肌を染め、彼女はチョコの海にしゃがみ込み、ドロリとしたチョコを手に取り、両腕、豊満な胸、鎖骨、肩、首になすりつける。

「どうぞ、プレゼントよ」

「いただきま~す」

という会話があるとすれば、男は舌なめずりせずにはいられまい。

毎年、10月中旬に、イタリアのペルージアで開催される「ユーロチョコレートフェア」では、世界各国のチョコレートが集まる。この全裸の女性のパフォーマンスは、このお祭りの恒例の行事として、TVで流される。

ペルージアのまちなかには、のぼりが立ち、コープでもいろんなチョコが売られていて、特にペルージアの「バチ(baci)」は販売数を伸ばす。このチョコは、2000年にイタリアから帰国した際に、何とわが町草津市のスーパーの海外食材販売店に並んでいて、ここが日本なのかイタリアなのかわからずに、唸らされてしまったことがある。

ヴァレンタインなるものには縁がない。しかし、聖ヴァレンティーノが守護する町、テルニに行き、その聖堂にお参りした。

復活祭のときには、卵型をしたチョコが彼の地では飛ぶように売れ、老若男女が愛している。

イタリアのチョコは美味しいが、日本も負けてはいない。
マーブルチョコ、チロルチョコ、アポロチョコ、ガーナチョコレート、レミーとバッカス(あのアルコールの・・・・)などなど。
私の友人は、アポロチョコが好きで食べ過ぎてしまい、嘔吐してからというもの、これが大っ嫌いになったのがいる。
ボンボンチョコ。幼稚園生のころから虜になった。クリスマスの時にプレゼントされるお菓子の入った長靴の中に、決まったこれが入っていて、食べるのが楽しみで仕方なかった。

チョコを食べ過ぎると、鼻血が出ると、子供の時言われませんでしたか?
「鼻血」と聞くとどうしてもチョコと結びついてしまいます。
「鼻血ブー」とはよく言った言葉ですが、近頃、鼻血が出るようなこともなくなり、周りからもこの言葉なんか聞きもしません。
年のせいでしょうか・・・・・でも美女の裸体では・・・・・まだ出るような感じ、「鼻血ブー」が・・・・・。
f0192635_19573671.jpg

「毒蛇は急がない」

Bayartai!

野人

[PR]
# by yajingayuku | 2014-09-30 19:58 | 木陰のランプ