2014年 01月 14日 ( 2 )

伊豆下田

下田

熱海から電車で南下すると、トンネルが多いことに驚かされる。
トンネルとトンネルの間隙に海が見える。
徐々に、開放感のある海辺独特の鮮やかな空気が感じられる。
ワクワクしてくるような、期待感が沸いてくる。

駅に着くと、もう日差しから違っている。
波音は聞こえないが、5分も歩けば、近場の間戸ヶ浜が眼前に広がる。

町のメインストリートは「マイマイ通り」と呼ばれ、あのマシュー・カルブレイス・ペリーが発見したカタツムリから命名されている。

港には、かつて、芸子さんがいた繁華街もあった。
町の、マンホールには黒船の絵が描かれている。こんなところにも往時の欠片を刻印しようと、この町は必死である。

飲食店が多いことに、先ず、気づくはずである。
隠れた名店もある。
喫茶店はなかなか個性的なものが多い。

f0192635_21394388.jpg


海浜まで、山の突端が突き出ている断崖の景勝地も多い。
下田富士は、綺麗な富士のお山の、あの典型的な形をしていて、町のほんの脇に、突如として現れたようにそびえている。この山は、昔、海底火山だった。

この町について話をするとなると、幾らでもネタの原石があるように思えてくる。

「スパー青木」では、イルカの肉が売られている。
そう、ここでは日本では数少ないイルカの肉食が残っている町でもある。
今がシーズンだ。

決して、大きくない中心部。
しかし、そこには人間と自然のにおいがある。

この町を、もっとひとに知ってもらいたい。
「♪下田よいと~こ、いちど~はおいで~」である。

合掌。

Bayartai!

野人
[PR]
by yajingayuku | 2014-01-14 21:40 | 木陰のランプ

木陰のランプ

木陰のランプ

初夏の太陽がもれ落ちる楠の大木の木洩れ日。
ロッジのデッキに柔らかく吹き渡る乾いた微風。
ささやかなランプの光の中で、パイプの紫煙がたなびく。

母の郷里の、あの浜田の漁村の朝を包む朝焼けの姿が浮かぶ。
京都の、あの物寂しい深夜2時の雨上がりの路地が広がる。
琵琶湖の、中秋の名月がススキの草むらに照りだす中で散歩する自分がいる。
イタリアの、中世の町並みを包む濃霧の空気が身にしみる光景が脳裏を掠める。
夏の終わりの、カリフォルニアで嗅いだクチナシの香りが漂う。

下田の空が夕日で燃えるハリスの小径を歩く。

空は漆黒となり、ランプの光が輝きを増してゆく。

ここから何が生まれるのか?

何も生まれないのか?

夜が明けるまでまだ時間がある。

さぁ、書き綴ろう、森羅万象。

すべてに感謝しつつ・・・。

f0192635_7471970.jpg


合掌。

Bayartai!

野人
[PR]
by yajingayuku | 2014-01-14 07:36 | 木陰のランプ