占う

「占う」

今日はネットの占を見ると、何かを始めるのに最適な日、とあった。というわけではないが、ブログを再開しようと思う。

人生で一度だけ、夢が吉をよんだことがある。

大学受験二浪目。都内の私立大学を受験し、合格発表の前日の夜。

日本画に出てくるような、目の大きな黄金の龍が目の前を飛んでいる。

しかも音を立てて。さらさら、さらさら。

真冬なのに、起床した時には、全身暑くなっていた。

何とか大学の門を潜り抜けたが、未だにこの夢が頭から離れない。

どうやら私は
f0192635_2335540.jpg
龍は吉兆の表れだと思い込んでいる節がある。

古代ギリシアでは、巫女が夢を見て吉兆を占う風習があったという。

人生の1/3は眠っているのが人間。

これもひとつの現実か?

Bayartai !

野人
[PR]
by yajingayuku | 2015-09-02 23:04 | 木陰のランプ