5メートル

短距離のスイマーにとって、あとゴールまでの5メートルのラインがとてもつらい。
ほんの5メートルだが、永遠の5メートルなのである。

「じゃ、5時に」

そういって彼女は電話を切った。
大学を卒業して、1年がたつが、お互いに都内に住んでいるとは言っても、仕事が忙しくて会う時間がなかなかつくれない。

彼女とは、大学3年生の時に、付き合い始めた。
秋の夕暮が辺りを琥珀色に染めはじめたころ、大学構内を歩いている彼女の後姿を見つけて、心が落ちてしまった。
その姿が私に永遠の虚像を投げかけた。

彼女には男がいた。
それも小学生の時からの幼馴染で、家の近所に住んでいる。
しかも、その彼は、医学部生。エリートである。

どう逆立ちしても、どん底の私には世界の違う人間だ。
外見上は勝ち目がない。

その日のデートは、馴染の居酒屋だった。
常連のお客さんとも意気投合し楽しい時間が作れた。
時間が遅くなり、電車の時間も無くなるので、彼女を送りに駅へ向かった。

「私、ま~つわ、いつまでも、ま~つわ」
とこんな歌を道すがら歌い始めた。

私は、ためらった。ただの歌なのか、誘いの歌なのか?

その時は、その場で別れた。意気地がなかった。強引さが・・・。

プールのあと5メートルは自分との闘いである。躊躇することなく体を動かすだけである。

しかし、人との5メートルには躊躇する。
素直になり、当たって砕けよ、という意気込みがなかった。
何か醒めたところをもつようにと自分に言い聞かせたふしがある。

人との5メートル。今、それが0メートルにできる自分がいるとは思えない。
こんな、舌足らずな、意気地なしの、でもちょっとホットな小男(?)もらいてないかな?

今夜は、焼酎の水割りで、着火、見事にモクモクと熱くなりました。
いや~、もっといい文章が書きたい。
ぶつくさの夜でした。
f0192635_19185751.jpg

「毒蛇は急がない」

Bayartai!

野人
[PR]
by yajingayuku | 2014-11-30 19:19 | 木陰のランプ